今夜、すべてのワインを

ある日、安いワインを大量に呑んだ。
ボトルの数が勘定出来なくなるくらい呑んだ。
問題は翌日だ。

二日酔いなどという生易しいしろものではない。
1日中便器から離れる事が出来ず、
とにかく吐いて吐いて吐きまくった。

「遂にオレは血を吐いてしまった」

と、思ったら昨日呑んだ赤ワインだった。
この日を境にワインが嫌いになった。

それから10年の月日が流れ、南アフリカに行った時のことだ。

Airbnbで南アフリカ人の一軒家にホームステイをする事になった。

ワインと言えば、フランスやイタリア、スペインを連想するが、
南アフリカもたくさんのワインを生産している。

ホームステイ先で、ハードチーズと白ワインが用意された。
恐る恐るワインを口にしてみた。
美味しかった。
この日を境にワインが好きになった。

トラウマを克服することは、なんと清々しいな気分なのだろう。

帰国後、ワインバーに行った。

「南アフリカ産の赤ワインを1つください」

ソムリエがオススメしてくれた【カノンコップ、カデット】
が目の前に出される。

コルクを抜くと、赤ワインの香りで南アフリカの思い出が蘇る。
至福とはこの事だ。

翌日オレは便器の前で血の色のしたワインを吐きまくった。

参考文献:『今夜、すべてのバーで

食べ放題に行かなくなった

子供の頃に少年野球チームに入っていた。
毎年年末になると近所にある食べ放題のお店にチーム全員で行った。
これが楽しみだった。

「もとを取るぞ!」

と、ばかりにゴムのような食感の焼肉、色が変わったネタの寿司、
カレーを口にほうばり、オレンジジュース、コーラー、メロンソーダを
混ぜた何かよくわからない”砂糖水”で流し込む。

味なんか二の次で、元を取る事が目的になり、ひたすら食べまくった。
まぁそれはそれで子供ながらに楽しかった。

しかし、大人になると、そうはいかない。
子供の頃にように、「もとを取るぞ」の精神で暴飲暴食をすれば健康を損ねる。
いくら安くたくさん食べられたとしても、体調を崩して入院でもしたら、
後から払う代償が大きくなるのだ。

そう考えたら食べ放題はちっとも楽しくなくなった。
おわり。

モスクが好き

モスクが好きだ。
完璧なシンメトリー。壮麗な空間。
完全無欠な造形の美は見る者の心を奪う。

いまから約1400年前、とおく離れたアラビア半島で勃興したイスラーム。
時の経過と共に、海を東西に超え、世界中にひろがった。

現在全世界に16億人以上のイスラム教徒(ムスリム)がいると言われている。

世界中に点在するモスクを訪れるのが趣味だ。


波の音と天高くそびえ立つミナレットから響くアザーンが混じり合う。
僕が1番好きなモスクは、マレーシア・マラッカにある海上モスクだ。

あたらしいブログをスタート

こんにちは、またよし れいです。
表題にある通りです。あたらしくブログをはじめました。
Who is Ray Matayoshi」というブログ名です。

自分が見聞したこと、考えていることを書き留めておくために始めました。
このブログは、アクセス解析ソフトや広告も挿れません。

自由気ままに書きます。それではよろしくおねがいします。